京都の外壁塗装専門「株式会社真澄」 HOME > サイディング目地のシーリング

外壁(サイディング目地)のシーリングとは?

現在、戸建て住宅の外壁材にサイディングボードが用いられることが増えてきています。そんなサイディングボードを塗装する際に重要なのが、劣化した目地(サイディングボードの繋ぎ目)のメンテナンスです。目地材の打ち直しをシーリングといいますが、そのシーリング作業を適切に行うことで、より耐久性の高い外壁面を作り上げることが可能です。外壁塗装工事では仕上がりの美観性に注目されがちですが、このように下地処理を丁寧に行うからこそ美しい外観が永く維持されるのです。このページでは当社の行うシーリング作業について詳しくご紹介いたします。

サイディングボードの施工なら大阪の外壁塗装専門店の当社へ安心してお任せくださいませ!

シーリング作業の流れ

解説

施工前の状態です。目地のシーリングはひび割れており、新しいシーリング材への打ち直しが必要な状態です。このまま放置しておくと雨水が浸水するおそれもあり、雨漏りの原因にもなります。また、浸水した雨水が壁内部の柱などを腐食させたり、カビが生えてしまったという例も多数ございます。できるだけ早く処置してあげることが理想的です。

矢印

作業内容

既存シーリング材の撤去

ポイント

まずは弱ったシーリング材をすべて撤去します。本来、柔軟性を有しているシーリング材ですが、劣化によりカチカチに硬化してしまっています。この状態では防水性は望めませんので、カッターなど用いてキレイに取り除く必要があります。

矢印

解説

旧シーリング材を取り除いた状態です。このように新築施工時の状態に戻し、一からシーリング工程を進めていきます。小さな埃なども取り除きキレイな状態にすることが肝心です。

矢印

作業内容

養生

ポイント

目地両側に養生テープを貼りつけます。新しいシーリング材を充填する際に目地外部へ漏れてしまわない為のものです。丁寧に養生することで良い仕上がりが望めます。

矢印

解説

養生完了です。目地に添って真っすぐ養生テープが貼られていることが確認できます。

矢印

作業内容

プライマー塗布

ポイント

プライマーとは接着剤のようなものです。目地に塗ることによってサイディングボードとシーリング材の接着性を高める効果があります。強い密着状態にあることで外壁表面の耐久性が維持されます。

矢印

作業内容

新シーリング材充填

ポイント

プライマーが乾燥後、いよいよシーリング材の充填作業です。高い防水性と耐久性を得るため、適切な量を均一に打ち込んでいきます。

矢印

作業内容

ならし作業

ポイント

打ち込んだシーリング材を専用の道具を使ってならしていきます。この作業は仕上がりの美観性に大きく関わります。またシーリング材が乾燥する前にならし終えないといけません。乾燥が早い夏場などは手際良く作業を進めることも重要です。

矢印

解説

ならし完了の状態です。目地に対し均一にシーリング材が充填されています。

矢印

作業内容

養生撤去

ポイント

あらかじめ貼っておいた養生テープを取り外していきます。ならし作業と同様に、この作業もシーリング材が乾燥する前に行わなくてはなりません。ならし終えた段階で素早く養生を取り外すといった流れで作業を進めていきます。

矢印

解説

養生を撤去すればシーリング作業の完了です。しっかりと目地部分をシーリングできていることが確認できます。サイディングボードの外壁塗装工事では、このようにシーリングの打ち直しを行った後で塗装作業に入ります。シーリングとは、より強く美しい外壁を造り上げるための作業なのです!

外壁塗装・屋根塗装なら京都の㈱真澄へ! お見積もりは無料!今すぐお電話を ■電話番号:075-932-8822 ■営業時間:9:00~17:00

このページの先頭へ
TOPページ
塗料紹介
日本ペイント
アステック
ハイドロテクトコート
ルミフロン
UVプロテクトクリヤー
ガイナ
ハナコレクション
株式会社真澄について
当社が選ばれる理由
職人のマナー
お問い合わせ
お客様の声
料金表と工事保証
お見積もり料金が違う理由
スタッフ紹介
会社概要
施工について
お問い合わせからの流れ
カラーシュミレーション
施工事例
よくあるご質問
シーリング作業の解説
塗装工事にかかる費用
外壁材の種類と特徴
塗り替え工事の工法
基礎知識
塗り替えのタイミング
外壁の色の選び方
外壁劣化を放置すると
外壁劣化によるリフォーム
屋根塗装のメリット
悪徳業者の見分け方
外壁塗装の専門用語集
雨漏りの二次被害